FC2ブログ
 

招福鍼灸

『ひき算』の医療

よく質問されるのです
「風邪を引いた時、何を食べればいいですか?」と。
hatsunetsu_kodomo.png

(´ε`;)ウーン…

というわけで、今日のテーマは
『引き算』の医療についてです

子供の頃、風邪を引いた時
お母さんは、何を食べさせてくれたかを覚えてますか?

やっぱり、おかゆ
あと、うどんとか、ではなかったですか?

現代人はとかく『足し算』に支配されています
何かをしなければ、何かを得られない、と思っているため
まず薬、次点でサプリを摂取しようとします
その次が飲食物ですね

『薬』は生理作用を捻じ曲げて、
治療の過程において都合のいい状態を作り出します
代表は『解熱剤』でしょうか
あとは『鼻水を止める薬』や『目の痒みを抑える薬』

サプリメントの摂取は、
習慣的に摂取すると(いつか)理想の状態を手に入れると信じて摂取するものですね
『ダイエットサプリ』は、その最たるものじゃないでしょうか
あとはジム大好きな人の『プロテイン』に始まる、BCAA・クレアチン・グルタミン・マルチビタミンなどの数えきれないサプリの数々など
飲んですぐに効果は出ないけど、効果を確かに実感出来る、もしくはエビデンスがあるものですね

このように、「何かを摂取すれば体が良くなる」と信じ込まされた日本人
どんどん不要なものを摂取することになります

膝が痛い人に、グルコサミン?
関節痛に、飲むヒアルロン酸?
痩せたい人に、防風通聖散の入ったダイエットサプリ?

例えば、グルコサミンやヒアルロン酸を経口摂取したとして
痛みの出ている関節の関節包の中に有効成分が入っていくまで
体内の臓器のどれだけの部分を血液に紛れて徘徊しなければならないのでしょうか

胃に入り肝臓を通過し膝関節にたどり着くまでにヒアルロン酸はどこへ行ってしまうでしょう
運が良ければ膝の中に入ってくれるでしょうが
有効成分は、全身を巡っている間に無くなってしまいます

『足し算』することは
余分なものを体内に入れる可能性がある
ということです

運動する人がプロテインを飲みますが
筋肉はプロテインを喜びます
しかし、それは胃腸が丈夫であるという前提があってこそのお話

サプリメントは内蔵に多大な負担をかけ続けます
胃も肝臓も腎臓も疲れ切っているのではないでしょうか

食べすぎ
飲みすぎ
呑みすぎ

○○すぎ、には良いことがありません

この○○を無くす生活習慣を築くことで
ていねいな生活、を始めてみるのはいかがでしょうか?

ここで『引き算』です
と言っても、過剰になっている状態からのスタートとしての『引き算』で
均衡を保った状態からの『引き算』ではありません

風邪を引いたら、食欲が出るまで
消化のいい、最低限のものだけを食べる
最低、週に一日は飲酒しない休肝日を設ける
月に何日かはサプリをやめて休肝日を設ける

体を健康に保っておかないと
次のステップにいけません

抵抗力を上げるのはサプリでは出来ません
食べない勇気が抵抗力をあげるのです
消化に使う多大なエネルギーを
体を治すチカラに回したほうが、よっぽど治りは早い
でしょう

病気になった時には先人の知恵を思い出してください
ネットで有効なサプリを調べるより
お母さんに、どうすればいい?と質問する方がいいのでは無いでしょうか

お母さんも喜んで色々教えてくれるのではないでしょうか^^
おかあさんと子供


当院HP https://www.taiseido.net/








スポンサーサイト



外国人ご夫婦の突然のご来院

62b2580e40d8d7ccec2698ace9eddd7e.jpg

先程、当院の玄関チャイムが鳴りまして、予約も無いしだれかな?
と思いながらドアを開けると見知らぬ外国人の老夫婦が立っておられました。

突然英語で話始めたので、英語で良かったと思いながら拙い英語でお話しを

セールスじゃないだろうから、もしかして患者さん?と思いながら尋ねると、
そうだと返ってきたので中に入っていただき治療を行いました。

60歳の旦那さんが、飛行機から耳抜きが出来ない感覚があり、
耳から鼻から首へと繋がっておかしい感じで、
たまに咳き込むということでした

脈を診て舌を診て、肝鬱と腎陽虚が見受けられましたので肝気の疎通と補腎をメインに治療

施術後は頭痛が無くなった、ありがとう
と言われました

頭痛あるなら最初に言ってくれ

でも、ここが東洋医学の面白いところだなって思います
全体治療なので、他の悪い症状も治ってしまうんですよね

アメリカからのご旅行だそうで、日光からの帰りで今日は浅草観光し、土曜に帰国されるとのことでした
うちはGoogleで見つけて来院されたそうです
これもご縁ですね
ありがとうございます

多分、自国でも鍼を受けていらっしゃるんだと思いますが
うちも、もっと外国人の方も気軽に鍼治療を受けてもらえる環境づくりをしっかりしてかないといけないなと実感した朝でした

英会話もっとうまくならなければ!


当院HP https://www.taiseido.net/


ヘルプマーク (4/4)

ヘルプマーク

杖を持っているなどの目印がある方には
補助の申し出は簡単なのですが
一見、障がいの無さそうな方の場合はそうはいきません


そこで今回ご紹介しておきたいのが写真のマークです


【ヘルプマーク】といいます
私が色々説明するより、マンガで描かれた記事を読んでいただいた方が
分かりやすいと思いますので
興味のある方は、そちらをご参照ください
http://heaaart.com/post/169496/2



見知らぬ人に声をかけるというのは
勇気がいるものです


少しの勇気で助け合えるためのヘルプマーク
覚えておきたいと思います


当院HP http://nepple0925.wix.com/taiseido

ヘルプマーク (2/4)

ヘルプマーク

中野坂上の交差点は大きな交差点で足の不自由な人が渡りきるには、
ちょっと厳しいかもしれない横断歩道です
足の不自由なおばあさんは、横断歩道を渡りきる自信が無くて階段に挑戦されたのかな?
とか思いながら「何かお手伝いすることありますか?」と、お声掛けしました
すると、「荷物だけ持っていただいてよろしいですか」とのことでしたので、
荷物を持っておばあさんの斜め後ろに立ってゆっくり階段を降りていきました


階段を降りきったところで「お急ぎなのにお手数おかけしてすみませんでした」
申し訳なさそうにお礼を言われてしまい『お急ぎなのに』っていう一言を付け加えられたことで
こちらが恐縮してしまいました
「お気をつけて」とお声掛けして、その場を立ち去りました


鍼灸師として教育を受けたことで、
医療従事者ではない方よりは、
補助に慣れている部分もあるかとは思います

(3へ続きます)


当院HP http://nepple0925.wix.com/taiseido

年末年始の診療について

2016年末

平成19年の新宿での開院から丸10年が経ちました
地域の皆様、通ってくださる皆様のために11年目も精進して参りたいと思います

今年はいわゆるヒヤリハットに該当するような事も多少ありましたが
無事に診療活動が行えたことを嬉しく思っております

昨年は、肩痛で肩に鍼を刺している患者さんが
SNS用の画像を撮るということで
「痛くない範囲でなら動かしても大丈夫ですよ」と言ってしまったために
内出血されたようでしたが、お写真は当院スタッフが撮影するので
患者様は動かないようにとお願いをするようになり、
問題も起きなくなりました
そもそも内出血は1週間かからず消えますので、
生命を脅かすものではございませんが、
施術者と患者様との間には思いの相違がありますね…
SNS用のお写真が欲しい方は遠慮なくスタッフにお申し付け下さい
ご希望の角度からお取り致します

整形外科疾患の患者様は
命がかかっていない場合が多いので
おかしな問題が起こることもございますね

刺鍼時の痙攣が止まらないと言われた方もおられました
後に当院にお越しのドクターに相談しましたら
痙攣は心の問題が関与する場合もある、などご教授いただけ
「鍼とは無関係です」と、きっぱりご意見いただけました
痙攣についての勉強になりました

患者様からの不思議な偶然が重なり、
分杭峠へ赴くことになったりもしました

全ての患者様とのご縁に感謝しております

11年目も患者様から学び、自己研鑽を続けていきたいと思っております

年内は28日(水)まで
新年は4日(水)より
、診療いたします

来年からは鍼灸学生さんも含む、全ての学生さんに対して
学割を設けて適用することにいたしました
是非ご利用いただきたいと思っております

来年も皆様のお役に立たせていただければと思います

大清堂院長拝


当院HP http://nepple0925.wix.com/taiseido