FC2ブログ
 

招福鍼灸

肩を守りつつ大胸筋上部に効かせるトレ

今日は「肩」を使わず「大胸筋上部」を鍛える話です
肩と大胸筋上部


肩の前部は傷つきやすいです

上腕、胸、背中の運動」をする時、
肩関節は必ず使われます


上腕骨頭が肩甲骨に接している面を見ていただければ一目瞭然
肩関節

骨と骨との接している面が小さい
ということは

自由度が高い
のですが

上腕骨の骨頭を固定するため

筋肉や筋膜といった軟部組織

ガッチリ固める必要があります


というわけで、肩は軟部組織の多さ故
とても傷つきやすい部位なんです


そんな肩の前部の筋肉を守りつつ
大胸筋上部に効果的に効かせるために
リバースグリップがとても有効だそうです


この動画でわかりやすく説明されてます



40代も後半になると

ジムでのトレーニングも

怪我をしないこと

念頭に置いてやらなければなりません( ´Д`)=3


正しいフォーム
怪我をしにくいフォーム


いつまでもトレーニングしていきたいものですね


当院HP https://www.taiseido.net/

スポンサーサイト



それ大怪我ですよ

本日久々に来られた患者さん
40代男性

もともと運動をされてるので故障が多い方なのですが
まぁ死ぬわけじゃないので
運動をストップしないと治りませんよ、とやんわりいう程度で
強くは言わなかった患者さん

久々に現れたと思ったら
左膝関節のMRIの画像所見をお持ちで
S__5709831.jpg

医師の診断も付いてて
・内側側副靭帯損傷
・内側半月板水平断裂
・大腿骨外側顆、脛骨外側顆不全骨折/骨挫傷
・外側側副靭帯損傷


どんだけw

「なんでギプスで固定しないんですか?」
『仕事出来なくなるから拒否』
「……それ、一般的に大怪我って言うんですよ」

Σ(゚д゚lll)

ま、まぁ色んな方がおられますからね

手術が控えているそうなので、
さすがに手術後は固定されるでしょうから、
それまではお好きにしていただく方向で…

整骨院では手の施しようが無いっぽいからこっち来ちゃったよ〜、とのことだったので
そうですね、鍼灸で修復基点作っておきましょうね
ということで膝周りに鍼
随分と関節包が腫れてたので熱を取る糸状灸を行いました

杖を持つ手が逆だったので流石に
それだけは教えさせていただきました
転倒などして悪化しませんように

祈るばかりです

ギックリ首

当院の新しいサイトがオープン目前です
是非ご覧になって、ご意見をお願いします^^
kikou.png
http://nepple0925.wix.com/taiseido


花粉凄いですね
現代の花粉症目の痒み(熱証)
らさらした鼻水(寒証)が同居してるいる、
寒熱が挟雑
(複雑に絡み合い混在する様)してしまっている状態ですので
東洋医学で陰陽の調和を行うと症状が緩和されます

昨日の昼過ぎに電話が鳴りました
寝違えたみたいで首が回らないんで、今すぐ診てください
とのことでしたが予約が詰まっていたので
お越しいただいたのが21:30でした

よくよく問診すると
座っているだけで急に首が痛くなり
寝たら治るかなと思って寝て起きたら更にひどくなっていた
とのことでした

「ぎっくり腰になったことありますか?」と聞くと無いとのことでした
「いわゆる、ぎっくり首ですね」

ということで、鍼と灸で治療しました

ほどなく寛解されたようでしたが、
なかなかすぐに診てさしあげられないのが心苦しいですね
こればかりはタイミングなので…

吉田羊似の腰痛患者さん

先ほど帰られた女性の患者さん

女優の吉田羊さんにどことなく似てる患者さんでした
ビリギャル』って映画に出演されたのを拝見して
一気に好感度がUPした女優さんです
吉田羊u3000トップ

突然の電話からの30分後の来院
睡眠不足
過労
冷え性など

聞けば聞くほどマイナス因子が出てきていましたが

お帰りになられる頃には
来院時の痛みを10とすると
2ぐらいになりました

ペインスケールっていいます)
ということでお仕事に戻られていきました

働く女性は大変ですよね
しかもこ女性のように責任感の強い女性はなおさらです

無茶も無理もしない生活を送れたらいいんですが

季節の変わり目です
お大事になさってくださいm(__)m


当院HP http://taiseido.net/


RICE処置について

今日はRICEの話です
聞いたことありますか?

お米
これはライスですね…

国務長官
これはライス(元国務長官)ですね…

らいすらぼにーた
これはラ・イス(ラ・ボニータ)ですね…
もう原型を留めなくなってきました(汗)

気を取り直して本題へ!

今回の私の受傷した肉離れもそうなんですが、捻挫や肉離れ、打撲、骨折など怪我により内出血や腫れがある場合には医療機関へ行く前に、もちろん受診後もですが自分で出来る処置があります

それがRICE処置
RICE処置
R」est(安静)
I」ce(冷却)
C」ompression(固定)
E」levation(挙上)

RICE

怪我をしたらすぐ行いましょう!

【R】整形外科領域での保存療法は兎にも角にも
Rest(安静)です!

【I】氷嚢やビニール袋、プラスチックのコップなどを使い、しっかり
Iceで冷却
最大20分位で1時間空けて再度冷やすといった感じです
冷感から痛み、からの無感覚までいけば十分です(体脂肪量などによりかかる時間は異なります)

【C】弾性包帯やテーピング、ストッキングなどでも結構です
患部のCompression=圧迫を行います

【E】そして炎症を最大限抑えるために方法は問いませんので患部を心臓よりも高い位置に
Elevation=挙上して余分に血流が回らないようにしましょう!

むくみと同じで体内の水分(血液、体液)は下へ下へ移動しますので、それを防ぎます
1〜3日程度で結構です


以上4項目を行って、早めに治してしまいましょう!

どんな疾患でも言えることですが…
鍼治療に来ていただくのも大切なことですが
なんでも人任せではなく自分で出来ることは行う姿勢が回復を早めます!


※注意事項としましては

損傷後、24時間~72時間は
お風呂や熱いシャワー、アルコールの摂取は禁忌です

マッサージも避けてください


RICEはあくまで応急措置文字色
痛みがひどくなる場合は、すぐに専門医を受診してください!


当鍼灸院では整形外科疾患で捻挫や肉離れ骨折の治療に関しては
料金が大変お得な整形外科治療コースを設けています

初回:通常治療(5,000円)
2〜4回:(2,000円/1回)

患部のみの簡易治療になります
所要時間は約30分です


自分の治癒力を最大限に引き出して
怪我を早く治してしまいましょう!

当院HP http://taiseido.net/