FC2ブログ
 

招福鍼灸

食中毒・デトックス・解毒の灸

冬なのに何故なんでしょう?
主訴が食中毒の方が多く来院されてます。

どうも腹痛と下痢が主症状なので、何を食べたからというわけではなく食中毒と仰られているようです。

私が大学生の頃の事ですが、当時バイトをしていたフィットネスクラブの同僚の女の子がサンドイッチを作ってくれたのですが、何故か冷蔵庫に入れずに放置してました。
秋の話です。
ヤバイかなと思いながら、ちょっとおかしいなと思いながらガツガツ食べたら早朝から下痢が止まりません。嘔吐も止まりませんでした。(食事中の方申し訳ありません)

バイクに乗って近所の病院に即駆け込み(とても歩いては行けない状態w)診察を受けると「食あたり」ではなく「食中毒」としっかり診断され、即点滴でした。
幸いスグ良くなってくれたんですが、あの頃に裏内庭の灸を知っていれば・・・・・。

というわけで、鍼灸師なら誰でも知っている解毒のツボ「裏内庭」のご紹介です。
「内庭(足の陽明胃経)」は足の甲にあるツボなんですが、「裏」にある「内庭」で「裏内庭」
施灸することで食中毒の治療が可能な凄いツボです。

そこで私は小さく「食中毒を治療する」の意から発展させ大きく「解毒」するために使用してみました。
結果は予想を上回る効果がありました!
ニキビ、吹き出物、二日酔い、皮膚炎などに応用できました。

刺鍼すると気の巡りが良くなってしまうので(良い事ですよw)治療後にお酒を飲むと酔いが廻りやすくなってしまいます。

東洋医学は、治療であり予防でありますから肝臓の治療を行い、「裏内庭」に灸をしておくと・・・・酔いが廻りやすくなった状態を酔いが廻っても解毒できる状態に持っていけた!という治療ができたと思っています。

大清堂
http://taiseido.net/


カラダも暖まりますし、一石二鳥三鳥四鳥なツボへの施灸をおススメします^^b

スポンサーサイト