fc2ブログ
 

招福鍼灸

HIV予防薬のシンポジウム

昨日(2018年2月15日)、aktaさんで行われた
「いま知っておいて欲しい、HIVのあたらしい予防の方法、検査の機会
ーPrEP、HIVcheck.jp」
S__11714562.jpg

というシンポジウムに参加してまいりました

2015年〜2016年に行われたHIV簡易検査キット配布が
2018年も行われることになりました
前回と多少異なる部分があるようですが、
概ね同じような感じだそうです
まず自分がHIVかどうかを知ることから全てが始まります

HIVの方の予後は
非HIVの方の予後と変わらない時代がやってまいりました
HIV=死、という時代は終わりです
しかし放っておけば死んでしまいます
でも、それは梅毒だって同じお話ですからね
症状が出る前に検査に行くってとても大切なんだなと実感しました

さて、最近巷で話題の感染予防についてのお話です
なかなか噛み砕いた話を聞く機会がありませんでしたが、
上村 悠(国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター)
先生のお話を伺うことができました

HIVの基礎的な部分から、
現在の予防薬について日本での現状についてです

現在はCD4の値が500位だと
1日1錠の服薬を開始を勧められます
もちろんそれ以下であれば
状況により服薬は開始されることになります

命に関わりますからね

当院には、薬を飲みたく無いから
鍼でCD4の700台維持を目標にしている方もおられます
服薬は開始しているが、
CD4の値が200台で停滞していて、
なかなか上がらないという方も来られています

服薬さえ開始すれば死ぬ病気ではありません
薬には複数の種類があり、副作用があったとしても
他の薬を試せるようにもなっています

そうなんです
感染した人に対する治療は国が保証していますので、
当然保険診療なのですが
予防にはほとんどお金を出さない大国:日本です
予防を取り巻く環境はとても厳しいのが実情とのことでした
お医者さんが予防薬ツルバダの処方箋を書いてくれはしますが、
保険はききませんので全て実費となります
truvada.jpg


予防薬を無料で配布している国もありますが、
日本は死なない病気であるHIV予防のためにお金を払いません

インフルエンザの予防接種ももう少し安ければみんな受けれると思うんですが、
微妙に払いたく無い人は払いたくない金額なんですよね…

お金の話をしましょうか
保険がきかないHIV予防薬を飲むのに
日本国内での正規価格で購入するといくらになるでしょう

11万円です

1錠4000円弱します
罹患してる人ならいざ知らず、
予防でこの額を出せる人はなかなかいないでしょう

だから飲んでる人は個人輸入してるみたいです
アメリカではジェネリックも出ていて一ヶ月分で約5,000円で買えるようです
そりゃ飲む気がある人なら、真面目に日本で買わないですよね…

予防薬の飲み方にも2種類あって、

・毎日1錠飲む方法と
・前日に2錠飲む方法があります
が、今回はどの飲み方がいいかなどの説明は割愛させていただきます

そしてこの薬には副作用があります
腎障害と
肝障害が特に際立っています
ですので、医師の処方の元に飲むべき薬となっています

当院にはHIV患者の方も多くご来院いただいております
多くの方がHIVキャリアであることを伝えた後に
病院でも鍼灸院でも受診を断られた過去がある
というお話をよくお聞きします

私は、インターン時代に
クリニックで医療の基礎をしっかり叩き込んでいただいたおかげで、
例えばHIVの方の血を見てもなんとも思いませんし、
ただ淡々と処置をするだけなんですが、
知らない方だと怯えてしまうのかもしれませんね

医者も鍼灸師も
しっかり勉強していかないといけない時代だなと実感しました
どんな疾患、難病をお持ちでも
しっかり対応している医療を実践していきたいと思っております


当院HP http://nepple0925.wix.com/taiseido
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック